外国為替流れを読む

  • FX為替の推薦ブローカーと無料情報
  • FX為替の推薦ブローカーと無料情報

バイナリーオプションはFXよりずっと手軽

みなさんは「バイナリーオプション」についてどのくらいご存知でしょうか。FXの仲間のようなもの、という認識の方も多いかもしれませんが、バイナリーオプションはFXよりずっと手軽に、またリスク少で楽しむことができるオンライン取引です。ここでは、初めての方でもわかるように、バイナリーオプションのメリットとその利用方法についてまとめてみました。



最近では商品の数も増えてきたバイナリーオプションですが、基本的には「通貨」を使って取引を行なうことが多いです。どのようにして取引を行なうかというと、二者択一で通貨の価値が上がるか下がるかを予測します。終了時点はあらかじめ決まっているので、取引を開始した時点からみて、終了時点にどうなっているか、ということを予測することになります。


オプションにはいくつか種類があり、終了時点までに1度でも特定の価格ラインに「タッチ」すれば利益確定となる「ワンタッチオプション」や、一定の時間、期間内に、価格が決められた範囲「レンジ」内で推移するか、もしくはそれをこえてしまうかということを予測する「レンジオプション」などもあります。慣れるまでは1番はじめにご紹介した高低を予測する「ハイ&ローオプション」がおすすめです。また、慣れて来たら、自動売買を可能にするツール、MT4の利用をお勧めします。



開始から終了までの時間が非常に短く設定されているので、取引に時間をとられないこと、それから低額で投資できるので損失が少ないこと、がバイナリーオプションの大きなメリットです。さらに損失ははじめに投資した金額以上に広がることはありません。


例えばFXでは、もし大量に通貨を購入したとして、通貨価値がどんどん下がってしまえば、損失も増えていきます。が、バイナリーオプションの場合は、投資した金額が没収になるだけ。予測が当たれば投資金額は2倍近くになって払い戻されます。リスクの管理が非常に簡単で、安全な取引といえるんです。



ではそのバイナリーオプションはどのように始めればいいのでしょうか。「バイナリーオプション」で検索すると、オーストラリアハイローを代表にした、日本語に対応したバイナリーオプション業者が多数ヒットすると思いますが、ランキングや比較サイト等も利用して、評判のよい業者を選んでください。


ネットから申し込みをして口座を開設すると、すぐに取引をはじめることができますが、実際の資金を使う前に、デモトレードのサービスがある業者で、バイナリーオプションを体験してみることをおすすめします。PCではなく携帯やiPadで取引をしたいという方は、希望の機器に対応している業者を選ぶことも忘れないでください。デモトレードサービスレベルで群を抜いているのがトレードラッシュだと思います。お試しあれ!

近年、インターネットの普及からそれに伴うネット証券会社の台頭によりFXや株式投資といった投資活動が世間に広く浸透してきました。

いまや金融関係の仕事をしている方以外にも一般のサラリーマンや主婦でさえもギャンブル感覚でこういった取引を楽しむことのできる世の中になりましたが、このように自分の仕事を持ちながら投資活動を行っている人たちのことを世間では兼業投資家と容んでいます。彼らはFXなどで生計を立てている専業投資家とは異なり、自分の仕事による収入がありますので、投資活動によって莫大な富を得ようと考えている人はほとんどおらず、その大半は貯金を銀行に預けていてもほとんど利息がつかないので、それならば自分で資産運用をしてみようと軽い気持ちで取引をしている場合がほとんどです。

そのため、兼業投資家には専業の方とは異なり、ローリスクローリターンの中長期的な投資方法をされる人が多くおり、安定的に収益を上げている方もたくさんいます。

こういったものの背景には自分自身の仕事による収入で生活を賄えているからあえて無理にお金を稼ぎに行く必要がないといった、専業投資家との目的の相違があるのかもしれません。

それゆえに兼業投資家の方は価格の変動が比較的少ない大型株に資金を投入し、定期的に得られる配当金や優待で安定的にインカムゲインを増やしていくスタイルの人が多いような気がします。

このようにみると、兼業投資家はいいことずくめな気がしてしまいますが、実は彼らには大きな弱点があります。それは、特にサラリーマン投資家に多いのですが、日中の市場が開いている時間帯は仕事で拘束されてしまい、専業投資家のようなフレキシブルな取引ができないというものです。

今の時代、スマートフォンでもトレードの注文を出せるほど取引のしやすい便利な時代になりましたが、それでも会社員ならば大事な会議の間にいつまでも携帯をいじっていられるわけもありません。

そのため、彼らの取引は市場が開く前の予約注文一辺倒になってしまい、場合によっては専業投資家や機関投資家の動きに翻弄されてしまいかねないという点で不利なのです。

こういった点で兼業投資家のトレードはどうしても詰めの甘いものになってしまいますので、なかなかレバレッジをきかせたハイリスクなトレードには踏み込みづらいといったところで前述の中長期的な取引を好む傾向と一致してくるのかもしれません。

ただ専業にしろ兼業にしろ投資活動は基本的には余剰資産で行うものです。どんな投資活動をするにしても自分の生活基盤はきちんと担保したうえで自分に合ったスタイルで取引に励みたいものです。